2016年05月30日

エンド・オブ・ホワイトハウスの続編「エンド・オブ・キングダム」


突然イギリスの首相が亡くなり、葬儀に出席するためアーロン・エッカート演じるアメリカ大統領アッシャーはジェラルド・バトラー演じるシークレットサービスのマイクと共に、ロンドンに赴きます。
アメリカ大統領だけでなく、各国の首脳が参加する葬儀は当然、厳戒態勢で行われていたのですが、すでにロンドンにはテロリストが潜んでおり、名所を次々と爆破し街を混乱に陥れるのでした。

テロリストは、モーガン・フリーマン演じるアメリカ副大統領に、大統領を殺し欧米を変えてやると宣言。
副大統領はテロリストに大統領は殺せないと強気な態度で応じるのですが、大統領の乗ったヘリコプターはミサイルによって被弾し墜落してしまいます。
大統領を守るのはマイクたった1人になり、アッシャーは敵に捕まったら、お前が私を殺せと命令するのでした・・・。

果たしてたった2人だけで、テロリストが潜むロンドンから無事、脱出することができるのか!?
ジェラルド・バトラー47歳、アーロン・エッカート48歳。
同年代の男優2人が魅せる渋い演技に注目です!!



「エンド・オブ・ホワイトハウス」予告


「エンド・オブ・キングダム」公式サイト

5月28日公開

posted by ルカナ at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする